読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わんルーム・・・・・高齢化社会

わんルーム・・・・・高齢化社会

高齢化という言葉をよく聞く、私の子供のころは平均寿命が60歳ぐらいだった。

私の子供のころの祖母が60歳といえば今の私よりも

年寄りに見えていたようなきがする。

戦前私の親父が手相をみてもらったらしい、そのとき言われたことは「あんた長生きしまっせ、60歳はいけまっ

せ」と言われたらしいがそんな時代であった。しかし親父は56歳でなくなってしまった。

ちなみに母親は戦前に手相を見てもらったとき「あんた50歳ぐらいまでしか生きられません」と言われたらしい

が49歳で死にました。

高齢化社会は人間だけの話ではないのである。

ペットも高齢化が進んでいるらしい、ペットの医療も薬も昔とはちがうし飼い方も違ってきている、家のなかで

大事に飼われていてサプリメントがあったり餌も昔とは違って鰹ぶしかけご飯や人間の食べ残しといった

物はなくなってきた。

15歳以下の人間のかずよりもペットのかずのほうが多くなったようです。ペットの保険があったりして

ペット市場もかなりのものではないか。

小型の犬のチワワやダックスといった可愛いペットを飼っている飼い主よりも犬のほうがはるかに

年寄りだったりするのである。

イヌの年は人間の6倍か7倍ぐらいではないと思うが15さいと言えばかなりの高齢と言えるのである

ちなみに私がブラジルにいるころ近所のブラジル人がかっていたオオムは30歳を超えていたといっていた

が、娘が生まれる前から飼っていたらしいが娘は30歳であった。

私もオオムを飼っていたがどこかからか飛んできたのを捕まえて飼っていたことがあるがオオムは人に

よくなついて人の真似をして賢いとりである。

ペットも家族ということでさいごまで大事にかってやってほしいものです。