読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わんルーム!名犬ヘロッピ物語。その14(ヘロッピの結婚)

わんルーム!名犬ヘロッピ物語。その14(ヘロッピの結婚)

 

ある日の日曜日である、ご主人がヘロッピに言った。

「ヘロッピ 今日はアリスさんとちょっと旅行へ行くで、ドッグランドやぎょうさん犬がおるとこやアリスさんとこの

犬も一緒やで」と嬉そうに言った。

ヘロッピには何のことかさっぱりわからないがとにかくどこかへいけることだけは分かったので嬉しくなってきた。

どうやらピエロのおっさんとジュリアのご主人とはうまくいっているようで嬉しいのである。

ヘロッピはご主人の車でジュリアのご主人のマンションにやってきた。

「ヘロッピここがアリスさんのマンションやええとこやの」というピエロのやっさんも嬉そうなのでヘロッピは

「このおっさんもやっと結婚できるかもしれんな」と思うときゅうに吠えだした。

そして車でドッグランドへと向かったのである、車の中でもヘロッピはジュリアと一緒なので楽しくてならなかったので

あった。

そしてドッグランドに到着したのであった。ここは犬を自由に遊ばせる公園であった。多くの犬が遊んでいたので

ヘロッピもジュリアも楽しくてしかたが無い様子であった。

「ジュリアぎょうさん犬がいてるなおもしろそうやで一緒にあそぼか」

「そうやね皆楽しそうやは」とジュリアも喜んでいうるのでヘロッピとジュリアは走りだしたのであった。

はしっているとどこかのスピッツ犬とチャウチャウ件がちかづいてきて言った。

「お前この辺でみかけんやっちゃの不細工な雑種のくせに可愛い彼女やんけ、お前にはもったいないの」

とバカにしたようにいったのでヘロッピは腹が立ってきたので

「やかましいのお前らも不細工なくせにその顔で雄2匹で遊んでるようでは彼女もおらのやろ、かわいそうにの」と

いいかえしたのであった。

「ヘロッピさんやめとき、かわいそうやないの」といったのでヘロッピが笑い出したのでスピッツとチャウチャウが

怒りだした。

「なんやおまえらえらそうになめてんのんか」と言ってヘロッピに2匹が飛びついてきたので、ヘロピはびっくりして

しまった。

しかしヘロッピは相手が小さいと何故か強気になるのであった。

3匹は大喧嘩になったがどうにか相手を追い払ったのでジュリアは喜んでヘロッピにいった。

ヘロッピさん強いのね私見直したわ」

ヘロッピは嬉しくてたまらない様子でジュリアに言った。

「あんなアホ犬たいしたことない」と笑いながらいうとまた吠えだしたのである。

そしてヘロッピは「今がチャンスや今ゆうとかなあかん」と思ったのでついに告白したのであった。

「ジュリア俺と結婚してくれへんか」と思い切っていったのであった。

ジュリアは少し考えるようにして「うん ええよ」といったんでヘロッピは嬉しくてたまらなくなって」また吠えだした。

そしてこの日ヘロッピはジュリアとむすばれたのであった。

ちょうどジュリアの発情期だったのがヘロッピには幸いしたのであった。

続く